HOME

Automobile Delivery [車両販売]

Maintenance [車両メインテナンス]

Customize [カスタマイズ]

Audio Visual [オーディオビジュアル]

Interior [インテリア]

Security [セキュリティ]

Search Box

検索

HOME > PRESS掲載

PRESS掲載

■ 2010東京オートサロンオフィシャルブック BSMAカマロ 掲載取材記事
2010東京オートサロンオフィシャルブック

【 記事内容抜粋 】

2010注目トレンド アメリカンスポーツクーペ事情
カマロらしさを取り戻した60年代風ルックス

 2010東京オートサロンオフィシャルブック BSMAカマロ 掲載取材記事掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


■ A cars  2010年3月号 BSMAカマロ 掲載取材記事
A cars  2010年3月号

【 記事内容抜粋 】

新型カマロをベースに最高のスタイリングを追及

A cars  2010年3月号 BSMAカマロ 掲載取材記事掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


■ Goo WORLD 2009年2月号 オリジナルエアロ BA-1掲載取材記事


【 記事内容抜粋 】

ドレスアップもメンテナンスも、すべてお任せ
新旧アメ車エキスパートとして、もはやメンテナンスの知識を熟知する同店
だからこそ、カスタムの腕を磨き続けてきた「バズファクトリー」。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


■ アメ車マガジン 2009年1月号 旧車の整備に関する掲載取材記事
アメ車マガジン 2009年1月号

【 記事内容抜粋 】

旧車に憧れる人たちへ
6年間にかかった整備費用すべて公開します。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


■ アメ車マガジン 2008年12月号 ダッジマグナム用エアロ BA-1掲載取材記事
アメ車マガジン 2008年12月号

【 記事内容抜粋 】

ノーマルデザインを残してスタイリッシュに仕上げた
バズファクトリーではオリジナルパーツの開発にもチカラを入れ、
300C&300Cツーリング専用のエアロ(BAー1)。
マグナム、チャージャー、300Cの専用マフラー(BMー1)が
ラインナップする。
そして今回、オリジナルエアロのBAー1に
追加された車種がダッジ・マグナムだ。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


■ エル/エス LS048号 3月21日発売号に300Cフルラグジュアリーパッケージ掲載取材記事


【 記事内容抜粋 】

ドメスティック・ブランドを活かしたオリジナルスタイル
バズファクトリーでは、300Cのカスタムに、フルラグジュアリーパッケージと呼ばれる内外装のコーディネートを用意。E&Gのグリルなどの人気パーツや、独自の内装やオーディオカスタムなどメニューを豊富に用意している。このデモカーは、そうした手法に、オーナー独自のアイデアが加えられ、定評のカスタムにさらに新しい個性が加わったフィニッシュとなっている。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


アメリカSUVガイド vol5 2月1日発売号に マグナムラグジュアリーパック掲載取材記事


【 記事内容抜粋 】

極端なロープロファイルタイヤは運転時に気を遣う。また、デザインを含めトータルバランスを考慮すると、22インチが現状では大径ホイールの手堅い選択となっているようだ。そこで大径サイズを豊富にラインナップするMKWホイールをドレスアップパッケージのアイテムのひとつとして選択しているのがBUZZ FACTORY。

様々なジャンルのカスタムに豊富な経験と実績を持つBUZZ FACTORYは、オーディオやセキュリティーのインストールを得意としている。入庫したクルマの作業状況をネットで確認できるサービス等、ユーザーの立場に立った細かいケアがされている。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


エル/エス LS046号 1月21日発売号に00”ナビゲーターカスタム掲載取材記事


【 記事内容抜粋 】

一見後期型に見えるこのナビゲーター。じつは、内装へのこだわりからあえて旧年式のモデルをチョイス。その徹底した加工で現行型をしのぐLXRYなフィニッシュを内外装に実現した入念なカスタムが施された1台だ。

アクセントになっているのは西海岸でよく好まれる色調の明るいウッドパネル。漆黒の室内にブラック/イエローのコントラストがよく映える。AVでは5.1chシステムをインストール。アルパインのヘッドユニットに組み合わされたスピーカーとサブウーハーはJLオーディオ。センターコンソールには11インチのモニターがインストールされていが、A/Cユニットの移設に大きな困難を伴うナビゲーターでは、実に難易度の高いカスタムだ。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


エル/エス LS046号 1月21日発売号に300C フルラグジュアリーパック掲載取材記事


【 記事内容抜粋 】

バズファクトリーが提案する300Cのカスタムのエッセンスは、厳選されたパーツを組み込んだ「バズ・フル・ラグジュアリー・パッケージ」の中に詰め込まれている。

「バズ・フル・ラグジュアリー・パッケージ」はこのように、高品質と安心がセットされたカスタムといえるだろう。もちろん、オーナーの好みでほかのアイテムをチョイスすることも可能だ。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


LUXG03 1月21日発売号に300C&マグナム フルラグジュアリーパック掲載取材記事


【 記事内容抜粋 】

DOUBLE FANTASISTA
MKWの人気ホイールを300Cとマグナムに装着した。そのLUXURYスタイルをさらに昇華させるその存在感は、まさにLUXURYホイール界のフィニッシャーと呼ぶにふさわしい。同じホイールを履いているが、趣の異なったこの2台。まさ組み合わせの妙といえる。

CHRYSLER 300C
アッパーグリルとロアグリルはE&G製。もはや300Cでは定番となってきたアイテムである。ヘッドレストモニターはファーレンハイト社製6.5”。コンソールのモニターはALPAIN「INA-HD55」DVDプレーヤー+HDDナビ。オリジナルiPod対応アタッチメントもGOOD!これらはBAZZ Full Luxury packageだ。

DADGE MAGNUM
こちらもアッパー&ロアグリルはご存知、E&G製。マフラーはガナドール。JASMAマーク付きで車検対応品だ。HEMIエンジンのトルクをさらにふとくしてくれるスグレモノ。ヘッドレストモニターはファーレンハイト社製。なかなかのパフォーマンスを魅せてくれる。装着ホイールはMKWのなかでも名作の誉れが高い「MK12}。これらもBAZZ Full Luxury packageの一端。愛車をカッコよくしたかったらこのパッケージ!


掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


オートファッションEX 02 2月1日発売号に300C フルラグジュアリーパック掲載取材記事


【 記事内容抜粋 】

新車のCHRYSLER 300Cが納車。これだけでも羨ましい限りの話だが、その新車の300Cが納車時から信頼のあるブランドパーツ達によってセンス良くカスタマイズされていたら・・・・。埼玉にあるカスタムショップBUZZ FACTORYが提案する「300C フルラグジュアリーパッケージ」は新車状態の300Cを合計8つ(その他オプションも有り)のカスタムを施工しお客さんに納車するというまさに夢のようなパッケージ。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


盗難・車上狙い撃退マニュアル2006


【 記事内容抜粋 】

セキュリティのほかに、車両販売、カスタム業務にも携わるバズファクトリー。車種によってはハードなメニューもこなしてしまう手腕の持つ。スタッフの多くは2級整備士以上の資格を持ち、ショップ自体認証整備工場としても登録済み。オールマイティーなショップだ。

もちろん、セキュリティに関してもノウハウが豊富。得意の輸入車や国産車はもちろん、オーディオなどカスタム済みの車両などにも対応。車両とユーザーの要望に合わせて最良のシステムをインストールしてくれる。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)


激選!輸入中古車速報 Uチョイス掲載取材記事


【 記事内容抜粋 】

新セキュリティーとオーディオカスタムは同時進行が安全。購入、カスタム、メンテの全てをトータルコーディネイトすれば、格安ローンを使えるいうメリットもある。「賢いカーライフ」を実現する近道へと導く人気ショップを紹介。

セキュリティーシステムやオーディオのバージョンアップなどの作業は時間がかかるため、愛車を何日もショップに預けるケースが多い。その間に愛車がどういう状態になっているかが気になるものだが、問い合わせてみても「まだ作業中です」といわれるだけでは不安が募る。それを解消するため、バズファクトリーでは愛車の作業状況をホームページで確認することができる。その日に行った作業内容を画像付きで説明してもらえるこのサービスは大人気を博しているので、一度アクセスしてほしい。もちろんユーザーの許可を得た上での公開である。

掲載記事を拡大して見る。(PDFファイル)